about

「世界で一番美味しいパン」

おひさまパン工房は、世界で一番美味しいパンを目指しています。
私たちが「世界で一番美味しい」と感じるパンは、家族や恋人、あるいは友人が自分のために焼いてくれたようなパンです。
うまく膨らんでいなくても、焼き色にムラがあっても、そんなパンはきっと美味しいと思うのです。
私たちとお客様は、家族にも恋人にも現実的にはなることはできないでしょう。
けれど例えば、小さな娘さんが親御さんを想ってパンを作るように、その姿を想像しながら一生懸命にパンを作ることはできると思うのです。
だからおひさまパン工房では、家庭にはない保存料や生地改良材、そしてショートニングは使いません。
代わりに、国産小麦や地元・廿日市を中心とした食材でパン作りをしています。
薪窯は作っている本人達が一番びっくりするくらい、生産効率が悪く、薪割りから火入れまで、めんどくさいことばかりです。
それでも嬉しいことに、体にとって良いパンを食べたいお客様に恵まれて、毎日楽しくパンを焼かせてもらっています。